So-net無料ブログ作成

奈良旅行2010秋~宇治といったらお茶ですね(奈良じゃないし)~ [旅行]

奈良旅行と銘打っておりますが、宿泊は京都だったので最終日は帰りの時間も考慮して京都で過ごしてみました。行ったことがないところへ行こうということで(どうも京都に来ると気に入っている同じところに行きがちなのです)平等院鳳凰堂を目指して宇治へ行ってみました。

十円玉はこの風景ですね↓

101031_0857~0001.jpg

案外横広いので、広角レンズじゃないとむりかも…。結構くたびれた感じ(失礼)。300円払って並び内部拝観もしてみました。近くで見ると、少しだけ昔の名残が残ってます。この写真じゃ分かりませんが、写真を撮ったこの位置からでも仏像のお顔が見えるんですよね(お顔の位置に丸い穴が開いているのです。知らんかった)。ずっと風雪に耐えてるわけだから劣化するのも仕方ありませんね。ミュージアムではCGで再現した「多分こんなだったろうな」な感じの再現映像があります。 ビックリするほど華やかです。

平等院見学を終えたら、私の目的は一つ。そう

美味しい宇治茶

です。しかし、流石宇治、沢山あってどこに入っていいものやら大変悩む。宇治川沿いや駅前平等院付近をウロウロしながら吟味に吟味を重ね(事前に調べときゃいいのにねぇ)、勘で入ってみた(結局こうなる)のは平等院そばの

ここ↓ 赤門茶屋さん

101031_1206~0001.jpg

 自分の勘のよさに脱帽です。大正解の大当たり。今回は2人で行ったので、一人は煎茶のセット一人は濃茶善哉セットを頼んでみました。煎茶は美味しい入れ方を教えてもらいながら、ゆっくり何煎も楽しめますし、濃茶善哉も絶品。濃茶にカリッと焼いた御餅と温かいあんこがいれたシンプルなものなのですが、まろやかな抹茶と、よく焼けたお持ちのこげた風味餡子の甘さが混じった味は何ともいえません。多少甘いものが苦手でも大丈夫だと思います(ほうじ茶つきです)。是非二人以上で行ってどちらも試していただきたい。店のご主人とお話してちょっと長居しちゃいました。読んでらっしゃるかどうか分かりませんが、HPさん、TTさんお近くへ行ったら試してみてください。

お茶を堪能した後は京都市内に戻り、おみやげ物を探し、いつもの下河原阿で善哉を食べ(一日何回甘いものを食べる気なの?>私)、知恩院をうろついた後、お弁当を買って新幹線に乗り込み帰途についたのでした。

いやぁ2泊3日、よう遊んだばい。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

HP

宇治だと、ここのところは伊藤久右衛門ばっかりで、上林春松本店は行くのがメンドなのでデパートで...。
平等院の前のところはどの店に入るか結構悩みますからねー。赤門茶屋は今度行く時にのぞいてみます。
by HP (2010-11-08 01:37) 

ukyo

HPさま>
お久しぶりです。読んでいただいてどうもです。今回は突発的に宇治に行ったため下調べしておらず店選びはかなり悩みました。
赤門茶屋、行かれるなら主人曰くカウンター席がお勧めなようです。

by ukyo (2010-11-08 20:48) 

TT

前回、行ったときは駅前の中村藤吉で食べた。無難かと。
by TT (2010-11-09 00:02) 

ukyo

TTさま>

お久しぶりです。お2人ともやっぱり行ってるんですね>宇治
行く前に聞いとくべきでした。
宇治はまた行っときたいところです。
by ukyo (2010-11-09 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。